防災・災害情報

アイコンをクリックしてご確認ください

表示順変更
2019年
2月21日
(木)

3時1分更新

年1回 備蓄の水贈る コカ・コーラ社 災害対応自販機設置協定

豊後大野市とコカ・コーラボトラーズジャパン(東京都、吉松民雄社長)は19日、災害対応型自動販売機の設置協定を結んだ。同社は売り上げの一部に相当するペットボトル入りの水を毎年度末、市の災害備蓄品として贈・・・

2019年
2月7日
(木)

3時0分更新

もし洪水が起きたら… 15日に大分市で災害リスクなど報告 Gate

大分市と由布市挾間町で想定される洪水を考える「河川防災・減災セミナー2019」が15日、大分市金池南のJCOMホルトホール大分で開かれる。午後1時半~4時。入場無料。全国で多発する甚大な洪水被害を踏ま・・・

2019年
2月1日
(金)

3時1分更新

避難、声掛け有効 17年被災の中津、日田、津久見市

「逃げよう」という近所の人からの声掛けが避難する決め手になった―。ここ数年の豪雨や台風で被災した中津、日田、津久見3市の住民を対象にしたアンケートで、こんな傾向が浮かび上がった。昨年7月の西日本豪雨は・・・

2019年
1月25日
(金)

3時0分更新

防災訓練通じ住民交流 金池南1丁目要町5・6番地自治会 Gate

大分市の金池南1丁目、要町5・6番地自治会(河野光男会長)は23日、災害で電気や水道などが止まったことを想定した防災訓練を地区内の公園で実施した。JR大分駅周辺の整備で新しい住民が増えたことから、交流・・・

2019年
1月20日
(日)

3時0分更新

地震・津波、備え強化 県が行動計画改定へ Gate

県は地震、津波の被害軽減に向けた「防災アクションプラン」を3月に改定する。5年計画の現プランが終了するため。津波被害が想定される沿岸部だけでなく、内陸部も含めた孤立集落の対策を強化。避難に手助けが必要・・・

2019年
1月19日
(土)

3時0分更新

佐伯青果市場と市が災害時協定 Gate

佐伯市と佐伯青果市場(西嶋泰義社長)は16日、災害時の緊急支援活動協力に関する協定を結んだ。同市場は昨年4月、市が防災拠点として整備を進めている上城地区防災・避難広場(長谷)内に開場した。協定では▽市・・・

2018年
12月28日
(金)

15時30分更新

災害対策用車両、県警が2台導入 Gate

大規模水害などに備えて県警は、今月から災害対策用の車両2台を導入した。大雨で冠水したり、土砂が堆積した悪条件の道路でも走行が可能という。車両は四輪駆動。床や吸気口が高い位置にあり、深さ1メートルまで水・・・

2018年
12月20日
(木)

3時1分更新

佐伯に津波避難タワー 住民360人以上収容

南海トラフ巨大地震による津波で大分県内最大の被害が想定されている佐伯市は、平地が多く高台への避難に時間がかかる市中心部に津波避難タワーを建設した。タワーの設置は県内の自治体で初めて。22日に現地見学会・・・

2018年
12月7日
(金)

3時0分更新

生徒が保育園児の手を引き避難誘導 大分東高で防災訓練 Gate

大分市屋山の大分東高校(甲斐良治校長、440人)が5日、生徒に予告せず行う実践型の防災避難訓練をした。近隣のこざい保育園の園児も初めて参加した。大分大学減災・復興デザイン教育研究センターの防災コーディ・・・

3時0分更新

地滑り対策、住民に公開 小野地区の土砂崩れ現場 Gate

昨年の福岡・大分豪雨で大規模土砂崩れが起きた日田市小野地区で、県は1日、住民向けに地滑り対策工事の現場見学会を開いた。工事は来年3月末までに終了する。崩落の要因になった地下水を抜く集水井工を今年4月か・・・

3時0分更新

災害時の対応、時系列に 日田・小野小が独自作成

昨年7月の福岡・大分豪雨で被災した日田市の小野小学校は、災害時の避難や休校の基準を定めたタイムラインを独自に作成した。当時は避難のタイミングを見極められなかったこともあり、客観的基準を設けて教諭が自主・・・

2018年
11月23日
(金)

3時0分更新

防災「楽しく覚えて」 臼杵 野津幼稚園で親子訓練 Gate

臼杵市野津町の野津幼稚園で21日、親子防災訓練があった。同町商工会女性部が行う幼児教育活動の一環。各地で防災教育を進める大分大学減災・復興デザイン教育研究センターが協力し、地震から身を守る方法や知識を・・・

2018年
11月14日
(水)

3時1分更新

災害時に障害者の安否やニーズ集約 「安心ネット」構築へ 別府 Gate

別府市と福祉フォーラムin別杵速見実行委員会は、災害時に障害者が速やかに自分の安否を知らせ、必要な支援が受けられる体制の構築を進めている。日頃から障害当事者や関係機関が緩やかにつながりを保ちながら活動・・・

2018年
11月13日
(火)

3時0分更新

避難、生徒自らが判断 日田の五馬中で防災教育 Gate

日田市天瀬町の五馬中学校(石井知由美校長、32人)で10月4日、防災教育があった。生徒らは避難訓練や地震体験、防災講話を通じて意識を高め、日頃の備えについて学んだ。年1回の避難訓練に加え、今回は「自分・・・

3時0分更新

大分大と気象台 防災で連携協定 Gate

大分大の「減災・復興デザイン教育研究センター」と大分地方気象台は12日、防災に関する連携協定を結んだ。同大によると、気象台と大学による協定は全国2例目、九州では初めてという。情報を共有し、地域防災力の・・・

3時0分更新

津久見高と地域住民 台風や津波に備え初の合同避難訓練 Gate

津久見市の津久見高校(渡辺芳和校長、550人)で1日、合同避難訓練があった。2017年9月の台風18号を教訓に、地域住民と初めて実施。約650人が要支援者の避難誘導など防災体制を確認した。体育館で市の・・・

2018年
11月8日
(木)

3時1分更新

防災訓練、県が後押し 地域の自主的活動増えて

積極的に防災訓練に取り組む地域の増加に向けて、県はきっかけづくりをする事業を始めた。その名も「訓練押しかけ支援隊」。専門家らが各地に出向き、住民が地域課題を検討して訓練を計画、実施、継続するまでをサポ・・・

2018年
11月2日
(金)

15時30分更新

中津市耶馬溪町山崩れ「地下水集中していた」

中津市耶馬渓町金吉(かなよし)で今年4月に住民6人が犠牲になった山崩れで、原因究明に向けて県が設けた検討委員会(委員長・下川悦郎鹿児島大名誉教授)の第3回会合が1日、県庁であった。ボーリング調査などで・・・

2018年
10月15日
(月)

3時0分更新

防災士1万人突破へ 育成進み全国トップクラス

県内の防災士が本年度中に1万人を超える見通しになった。「地域防災のリーダー」と期待される有資格者の数は現状でも全国トップクラス。育成が進んでいる一方、「具体的な活動をする機会がない」という人もいる。自・・・

2018年
10月6日
(土)

15時30分更新

台風25号 けが人、建物被害なし

大型の台風25号は6日昼前、県内に最接近した。交通機関が一部乱れ、土曜講座を中止した学校もあった。県によると同日午前8時現在、土砂崩れなどで国道・県道の計5カ所が通行止めとなっている。けが人や建物への・・・

3時1分更新

県北部、強風の恐れ 台風25号 昼前に最接近

大型で強い台風25号は5日、東シナ海を北寄りに進み、大分県内は同日夜に日田市などが風速15メートル以上の強風域に入った。6日昼前に最接近する見通し。大分地方気象台は土砂災害や暴風、うねりを伴う高波への・・・

2018年
10月5日
(金)

15時30分更新

台風25号 大雨、土砂災害警戒を

大型で強い台風25号は5日午前、東シナ海を北上した。対馬海峡付近から日本海に進み、北日本に向かう見通し。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、県内は5日いっぱい大雨となる恐れがある。台風の最接近は6日・・・

3時1分更新

台風25号、6日午前に大分県内最接近

大型で強い台風25号は4日、沖縄に接近した。勢力を保ったまま北上し、県内には6日午前に最接近する見込み。台風周辺の湿った空気が流れ込むため、5日は局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。大分地方気・・・

2018年
10月3日
(水)

3時1分更新

開通「ほっとした」 通勤・通学の混乱解消へ 豊肥線・国道

台風24号で被災した大分市中判田のJR豊肥線と国道10号は2日、復旧作業が急ピッチで進んだ。県都の中心部と豊肥、県南地区を結ぶ大動脈が途切れて不通となり、通勤・通学に混乱が生じた。3日にようやく開通す・・・

3時0分更新

学校などの被害35件 台風24号 Gate

県教委は2日、台風24号で被害を受けた県内の学校・教育施設や文化財などの状況をまとめた。強風によるガラス破損や倒木など計35件を確認した。佐伯、臼杵、宇佐など6市の小中高・特別支援学校計19校で屋根が・・・

3時0分更新

大分市役所で耐震化工事 仮設足場設置、各種窓口移動も Gate

大分市が市役所本庁舎の耐震化工事を進めている。新たに柱を設置するなどし、国の防災拠点と同等の耐震性能に引き上げる。当初の予定では今年3月までに工事を終えるはずだったが、熊本・大分地震の影響で延期し、来・・・

3時0分更新

3日、復旧 豊肥線と国道10号 台風24号で寸断

台風24号で土砂が崩れて寸断された大分市中判田のJR豊肥線と国道10号の現場は3日に復旧する見通しとなった。JR九州は不通となった大分大学前―阿蘇間のうち、三重町―阿蘇間を同日始発から本数を減らして運・・・

2018年
10月2日
(火)

3時1分更新

JR豊肥線 不通区間「代行バスを」 復旧未定、通学に影響

台風24号で被災し、不通となった県内のJR豊肥線は1日午後、大分市の大分|大分大学前間で本数を減らして運転を再開した。斜面が崩れた同市中判田の現場は復旧の見通しが立たず、同大学前―阿蘇(熊本県)間は当・・・

3時0分更新

震度6強想定し避難所運営訓練 杵築・東地区住民自治協 Gate

大地震発生を想定した避難所の開設・運営訓練が、杵築市片野の東小体育館であった。東地区住民自治協議会(尾花仁実会長)の役員や市職員、住民ら約200人が災害時に取るべき行動を確認した。市内を走る断層を震源・・・

2018年
10月1日
(月)

15時30分更新

台風明け 交通混乱 大分市の土砂崩れ

台風24号で被災した大分市中判田のJR豊肥線と国道10号は1日、列車の運休と道路の通行止めが続いた。県都の中心部と豊肥、県南地区を結ぶ動脈の不通で、週明けの通勤・通学は混乱。現場周辺は被害を知らずにU・・・

OPENCLOSE

イマコレ

ページ上部へ戻る