大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

舞う火の粉、悲鳴と歓声 国東で奇祭ケベス祭 

 国東市に伝わる火祭り「ケベス祭」(国選択無形民俗文化財)が14日夜、市内国見町櫛来(くしく)の櫛来社(岩倉八幡社)であった。市を代表する奇祭に境内は多くの見物客でにぎわった。
 積み上げたシダが約5メートルの炎を上げる中、白装束に木彫り面を着けた「ケベス」と、火を守る「トウバ」が登場。木の棒を構えて突っ込もうとするケベスと、炎を背に棒で受けて押しとどめるトウバがせめぎ合った。
 ケベスが炎に入ると、祭りは最高潮に。トウバは燃えるシダを棒に刺し、来場者の頭上に火の粉をまき散らしながら駆け回った。火の粉が舞う境内は悲鳴と歓声に包まれた。
 起源は不明。火の粉を浴びると、無病息災がかなうとされている。
※この記事は、10月15日大分合同新聞夕刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る