大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分県警「取り締まり情報ツイートします」

リツイートによる拡散も期待

 「本日の主な取り締まりは次の通りです」―。ドライバーの安全運転を促すため、県警は今春から公式ツイッターで交通違反の主な取り締まり場所を公表している。投稿を見たドライバーが摘発を避けるためにスピードを抑えるなどの効果を狙う。県警によると、地域名や写真まで示して告知するのは全国的に珍しいという。ひそかに関心を呼んでいるのか、フォロワー数が日に日に増えている。
 7日は別府市浜町、8日は大分市松岡で速度超過を取り締まると予告。JR大分駅近くの横断歩道の写真も載せ、歩行者妨害の違反にも目を光らせると投稿した。オリジナルキャラクターの「ゼブラストップマン」が登場し、「スピードの出し過ぎは危険だ!横断歩道は歩行者優先!」と呼び掛けた。
 県警公式ツイッターは2015年8月に開設。特殊詐欺被害防止の啓発やイベント情報のほか、現在はラグビーワールドカップの県内試合日に1時間おきに交通渋滞情報を流している。
 取り締まり情報は今年5月から週に数回、発信。同じ話題の投稿を絞り込むハッシュタグのキーワードは「取締り情報」。公表は計画的な活動に限り、各警察署員らがパトロール中に取り締まる時間や場所は明らかにしていない。
 従来はホームページで月2回、半月分ずつの主な予定を掲載してきたが、当日や翌日の計画を事前に示す方が注意を引くと判断した。ドライバーに警戒されて摘発件数が減る可能性があるものの、「緊張感を持って運転することで交通ルールの定着や事故防止につながるはず」と交通企画課。
 フォロワーは1月末時点で約1800人だった。9日午前9時時点で3894人になり、4千人に迫る勢いだ。
 同課は「交通違反の取り締まり情報はドライバーの関心が高い。悲しい事故を一件でも減らすため、多くの人に見てもらいたい」。リツイートによる拡散を期待している。 
※この記事は、10月9日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る