大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

彼岸花20万本超の“赤じゅうたん”見頃 竹田市七ツ森古墳群

 竹田市戸上の七ツ森古墳群(国指定史跡)で彼岸花が見頃を迎えた。広さ約2千平方メートルの敷地に20万本以上が真っ赤なじゅうたんのように咲き誇り、観光客や写真愛好家を楽しませている。21日には七ツ森彼岸花祭りが開かれる。
 地元の3自治会で構成する祭り実行委員会が球根を植えたり、草刈りをしたりと景観保全に取り組んでいる。今月上旬から花が咲き始め、月末まで楽しめるという。
 長年活動に携わっている近くの大塚邦彦さん(74)は「夏場の厳しい暑さで生育を心配したが、今年も見事に咲いてくれた」。
 福岡市早良区の介護福祉士桑原武夫さん(43)は「これだけ群生する場所は珍しい。会員制交流サイト(SNS)に美しい写真を載せます」とカメラのフレームに収めた。
 祭りは午後1時半から。古墳近くの大塚八幡社で神楽が奉納される。
※この記事は、9月19日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る