大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

元五輪代表成迫さん、児童に速く走るこつを指導

 速く走る方法を学ぶ教室「こどもチャレンジカップ」が15日、大分市の大洲総合運動公園であった。市内の小学4~6年生約120人が参加。2008年北京五輪陸上日本代表で県議の成迫健児さん(35)が講師となり、走り方のこつを教えた。
 児童全員が50メートル走の記録を測定。成迫さんからスタートの仕方や正しいフォームを学んだ後に再び走り、記録が伸びたかを確かめた。0秒22短縮したという下郡小4年の菊田彩葉(いろは)さん(10)は「足の動かし方を考えながら走った。うれしい」と喜んだ。
 大分青年会議所が初めて開催。運動会シーズンを前に、児童らに苦手なことを克服してもらおうと企画した。
※この記事は、9月17日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る