大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

城下町巡りは自転車で 中津のレンタル事業に新拠点計画

市歴史博物館から、お薦めコースも設定

 城下町で“自転車観光”はいかが?― 中津市は、市歴史博物館(市内三ノ丁)を拠点とする新たなレンタサイクル事業を計画している。市内の名所を結ぶお薦めコースも設定しており、観光客増につなげたい考え。開会中の市議会定例会で関連議案が可決されれば、博物館がオープンする11月1日から貸し出しを始める。
 お薦めは中津城や福沢記念館、寺町通り、新中津市学校、小幡記念図書館などを結ぶ約2・4キロの周回コース。途中にはカフェや商店街もあり、所要時間は2~3時間を想定している。旧中津市内での利用に限り、乗り捨てはできない。
 自転車は大人向け5台と子ども向け2台を用意。料金は4時間ごとに300円。貸出時間は午前9時~午後5時。月曜は休み。
 市は▽JR中津駅▽耶馬渓サイクリングターミナル(同市耶馬渓町柿坂)▽やすらぎの郷やまくに(同市山国町藤野木)|を拠点とするレンタサイクル事業を実施しており、市歴史博物館は4カ所目となる。
 運営は中津耶馬渓観光協会に委託する。市観光推進課の栗山昌也観光推進課長(52)は「中津を訪れる観光客は車で来ることが多い。博物館に車を止め、自転車でゆっくり散策を楽しんでほしい」と話している。
※この記事は、9月15日大分合同新聞朝刊17ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る