大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「DJポリス」W杯へ準備着々 警備広報部隊員ら訓練

 ラグビーワールドカップ(W杯)大分開催を前に、県警は6日、警備広報訓練を大分市福宗の県警察学校で実施した。「DJポリス」として試合会場周辺などで広報に当たる隊員らが、観客同士のトラブルや事故を防ぐ話術を学んだ。
 選抜したW杯の警備広報部隊員や、県内15署の署員ら約40人が参加した。
 東京都内の雑踏警備を指導している警視庁の池部康信警部(52)ら3人が「必要な内容を正確な言葉で伝えること」などとアドバイス。試合当日、会場の昭和電工ドーム大分(同市)周辺で広報をする隊員5人が1人ずつ挑戦した。
 隊員は広報車に乗ってマイクを持ち「ゆっくり進んでください」「階段があるので気を付けて」などと日本語で伝えた後、英語でも説明。池部警部らから「英語の発音はゆっくり」「楽しく明るい気持ちで堂々と」といった指導を受けた。
 隊員の島田美優巡査(23)=大分中央署=は「落ち着いて話すことで外国からの観客も安心すると思う。伝わりやすいよう練習を続ける」と話した。
※この記事は、9月12日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る