大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別府市が園児1466人の個人情報を誤送信

 別府市は10日、認定こども園や保育所などに通う市内の園児1466人(1358世帯)の個人情報を誤送信したと発表した。各施設ごとに入園、入所する子どもの情報を送信すべきだったのに、全員分を27施設にメールで送っていた。市職員が各施設を巡り、同日までに削除してもらったという。
 市によると、誤送信したのは10月に始まる幼児教育・保育無償化に伴って副食費(おかず代)が免除される園児らの一覧表。園児の氏名と生年月日、保護者の氏名などを記載し、免除対象者が分かる状態だった。免除は年収360万円未満の世帯か第3子以降の子どもが対象。
 市の担当職員が9日、54施設に送る作業を始めたが、途中で送信先から連絡があり、誤送信が発覚した。
 中西康太福祉保健部長は会見で「大変申し訳ない。個人情報を含むメールを外部に発信する際は、複数の職員でチェックする」と謝罪した。
※この記事は、9月11日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る