大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

弾む音色、渦巻く熱気 高田観光盆踊り大会

 高田観光盆踊り大会(大分合同新聞社など主催)が18日夜、豊後高田市金谷町の中央公園であった。江戸時代中期発祥の県選択無形民俗文化財「草地おどり」を600人以上がにぎやかに舞った。
 ちょうちんで飾り付けた高さ約8メートルの特設やぐらを囲み、子どもから一般までの計33団体が出演。太鼓とはやしに合わせて、「レソ」「ヤンソレサ」を円になって踊り、入賞を競った。踊りの輪を開放して観客も飛び入り参加した。フィナーレでは草地踊り保存会メンバー約20人が登場。うちわを手にした優雅な浴衣姿の女踊りから、法被姿に早着替えをして激しい男踊りへと変化すると、会場から歓声が沸いた。
 兄弟都市締結50周年を記念して長崎県島原市の訪問団約90人も来場し、伝統芸能を満喫した。
 団体踊りの上位入賞チームは次の通り。
 【一般の部】(1)高中ボンダンスチーム(2)高田高校チーム青鷹(3)西日本土木
 【子どもの部】(1)桜美鶴会(2)高田ラーテルズ女子(3)豊後高田陸上クラブ
※この記事は、8月19日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る