大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風10号、玖珠の渓谷で18人孤立 

高台に避難、けが人なし

 14日午後4時35分ごろ、玖珠町日出生の大谷渓谷付近で、レジャー客の女性から「車が水没して動けなくなった」と119番通報があった。県などによると、台風10号による雨で川が増水し、乳幼児を含む男女18人が孤立した。高台などに避難し、けがはないという。警察や消防が救助に向かっているが、午後11時現在、現場に到着していない。
 県警や日田玖珠広域消防本部などによると、孤立したのは佐賀県から来た未成年11人と34~42歳の7人とみられる。知人グループで生後5カ月の女児や小中学生も含まれているもよう。
 14日午前9時ごろ、6台の車でバーベキューなどをしに訪れ、4台が水没したらしい。小高い場所のほか、残った2台に逃れたという。
 県警は携帯電話で通報者らと連絡を取って状況を確認しながら現場に向かっている。現場はJR豊後森駅から北東に約12キロの山中で、宇佐市院内町との境。近くに温泉施設やキャンプ場がある。
 大分地方気象台によると、玖珠町は同日午前3時から午後4時半までに21・5ミリの雨が降った。当時、雷、強風注意報を出し、急な天候の変化に警戒するよう呼び掛けていた。
※この記事は、8月15日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る