大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

柔道女子52キロ級で東が準V 全国高校総合体育大会

 全国高校総合体育大会(南部九州総体)第17日は12日、鹿児島市の鹿児島アリーナなどで3競技があった。
 県勢は柔道女子個人52キロ級で東玲奈(柳ケ浦)が準優勝に輝いた。同48キロ級の原田瑞希(同)、なぎなた個人試合の長野沙綾(大分西)はいずれも5位タイだった。

〈柔道〉
 (鹿児島アリーナ)
 ▽女子48キロ級2回戦
原田瑞希(柳ケ浦)
払い巻き込み
福田莉子(岩手・盛岡南)  
 ▽同3回戦
原田瑞希(柳ケ浦)
優勢
小松崎亜純(茨城・土浦日大) 
 ▽同準々決勝
古賀若菜(福岡・南筑)   
送り襟絞め
原田瑞希(柳ケ浦)
 ▽同52キロ級1回戦
東玲奈(柳ケ浦)
優勢
野上莉来奈(宮城・東北)   
 ▽同2回戦
東玲奈(柳ケ浦)
合わせ技
永吉梓(兵庫・高砂)   
 ▽同3回戦
東玲奈(柳ケ浦)
崩れ上四方固め
古里幸永羽(長崎・長崎明誠) 
 ▽同準々決勝
東玲奈(柳ケ浦)
優勢
川西陽菜(岡山・創志学園) 
 ▽同準決勝
東玲奈(柳ケ浦)
優勢
島田莉子(埼玉・独協埼玉) 
 ▽同決勝
川田歩実(東京・修徳)   
背負い投げ
東玲奈(柳ケ浦)
 ▽同57キロ級1回戦
谷朱音(山梨・富士学苑) 
合わせ技
村上さくら(柳ケ浦)

〇柳ケ浦の東「恩返しができた」
 柔道女子個人52キロ級で、柳ケ浦の東玲奈(3年)が準優勝に輝いた。持てる力を出し切り、「保護者や指導者、仲間に成長した姿を見せられた。恩返しができた」と笑顔がはじけた。
 1回戦から、積極的に仕掛けて勝ち上がった。3回戦では「勝った記憶がない」という長崎の選手に勝利。続く準々決勝で腕を痛めながらも難敵を倒し、準決勝も多彩な技で攻め続け、相手の指導2で優勢勝ちし、決勝に進んだ。
 「ここまできたら」と気持ちを奮い立たせて上がった決勝の舞台。だが実力者を相手に組み勝つことができなかった。指導を受けた直後に背負い投げを決められて一本負けを喫した。「(決勝の相手は)本当に強かった。でも力を出し切ったので悔いはない」と東。その上で「やってきたことに間違いはなかった。周囲に感謝を伝えられる結果を残せてうれしい。これからの競技人生に向けて大きな自信になる大会になった」とうなずいた。
 小倉昌昭監督は「実績は思うように残せていなかったが、力があるのは分かっていた。うちの女子として初の決勝進出。最後の大舞台で、部に新たな歴史を刻んでくれた」と頑張りをたたえた。

〇48キロ級原田、4強入り逃す
 柔道女子個人48キロ級で、柳ケ浦の原田瑞希(1年)は準々決勝で敗れたものの、5位タイに入った。初めての大舞台で入賞を決めたが、「もっと上に行き、長く試合がしたかった」と満足はしなかった。
 2回戦から登場し、終始攻め続けて一本勝ち。延長にもつれた3回戦も積極的に仕掛け、最後は大外刈りを決めて入賞を確定させた。
 迎えた準々決勝もひるむことなく前に出た。だが一瞬の隙から絞め技を決められ、4強入りはならなかった。
 「思い切り、自分の柔道をしようと臨んだ。通用した部分もあるが、もっとしぶとさが必要と感じた」と原田。「来夏は団体でも出場を目指し、個人戦では頂点を狙う」と誓った。
※この記事は、8月13日大分合同新聞夕刊8ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る