大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

佐伯市と豊後大野市に大雨警報 台風5号

 大型の台風5号は20日、黄海を北上した。西日本は台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで、九州北部を中心に大雨となった。気象庁は長崎県に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベル(5段階)は最も高い5になった。気象庁は記者会見を開き、長崎県内の土砂災害警戒区域などでは「直ちに命を守るために最善を尽くす必要がある状況。災害が起きないと思われるような場所でも最大級の警戒が必要だ」と呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は20日午前9時現在、黄海上を時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。参院選投開票日の21日には朝鮮半島に上陸し、同日夜までに温帯低気圧に変わる見込み。

 大分県内の降り始め(18日午前0時)から20日午前11時までの雨量は▽佐伯市宇目 249ミリ▽佐伯 165・5ミリ▽大分市長浜 92・5ミリ―など。午前11時現在、気象台は佐伯市と豊後大野市に大雨警報を出して警戒を呼び掛けている。佐伯市は大雨による土砂災害が発生する恐れがあるため、宇目の約1300世帯に「避難準備・高齢者等避難開始」を出した。

 21日にかけて予想される1時間最大雨量は多い所で40ミリ。21日午前6時までの24時間雨量は南部120ミリ、西部80ミリ、中部60ミリ、北部50ミリとなっている。

 長崎県の五島市や対馬市などは20日午前にかけて激しい雨に見舞われた。五島市内で土砂崩れが少なくとも6カ所、対馬市では数カ所発生したとの情報が入っているが、人的被害は確認されていない。

 気象庁はレーダー解析の結果、対馬市美津島付近で20日午前8時40分までの1時間に、五島市付近で午前10時半までの1時間に、それぞれ約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとし「記録的短時間大雨情報」を発表。対馬市は同日朝、市全域の約1万5千世帯約3万人に避難勧告を出した。

 21日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で九州北部180ミリ、九州南部、四国150ミリ。その後の24時間は九州北部、九州南部、四国で50~100ミリ。
※この記事は、7月20日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る