大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

バッグを載せたままは危険!【暮らし安全おおいた】

<犯罪>
 今年上半期(1~6月)に起きた車上狙いの被害は118件で、昨年同期より19件も増えています。
 このうち半数は鍵を掛けていたにもかかわらず、被害に遭っています。バッグや財布、スマートフォンなどを座席に置きっぱなしにすると、犯人は窓ガラスを割って盗もうとします。
 犯行は短時間で終わります。被害に遭わないために、車を離れる際はバッグなどを置いたままにしないでください。貴重品は持ち歩くのが基本です。どうしても車内に残すときはトランクや座席シートの下など、外から見えない場所に置きましょう。
 自宅の駐車場なら、センサーライトや防犯カメラを設置するのが効果的です。ガラスを割られると、修理代金もかかります。(県警生活安全企画課)

<交通事故>
 夏休みが始まると、レジャーで遠出をする車や、外で遊ぶ子どもたちが増えます。
 県内で過去5年間(2014~18年)の7、8月に、幼児・小中学生計134人が歩行中や自転車利用中に事故に遭い、けがをしています。子どもは左右の確認をせずに道路に飛び出すなど、予想外の行動に出ることがあります。
 ドライバーは子どもの姿を見たら減速し、思いやりのある運転を心掛けてください。交通ルールを守り、事故防止に努めてください。(県警交通企画課)
※この記事は、7月17日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る