大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ヒーローに熱視線 大分市美術館で「仮面ライダー展」

 特別展「超世代 仮面ライダープレミアムアート展」(大分合同新聞社など主催)が17日、大分市美術館で始まった。時代を超えて愛され続ける正義のヒーローの魅力を、大人も子どもも一緒に楽しめる展覧会。9月16日まで。
 仮面ライダーは1971年にシリーズ第1作のテレビ放映が始まり、現在も最新作「仮面ライダージオウ」が放映中。近年は佐藤健や竹内涼真など多くの人気俳優を輩出している。展覧会は昭和と平成に時代を分けてコーナーを展開。原作者・石ノ森章太郎の原画の他、仮面ライダーや怪人の立像、バイク「ライダーマシーン」など約600点を展示している。
 開会式では菅章館長が「約50年近くの歴史の中で多くのライダーが誕生している。世代を超えて楽しめる会場になっているので、仮面ライダーの世界を肌で感じてほしい」とあいさつした。
 21日は仮面ライダー1号、9月8日は仮面ライダージオウが来館し、握手会や撮影会がある。観覧料は一般1200円、高校生・大学生が900円、中学生以下は無料。
※この記事は、7月17日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る