大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大雨に備えて 日田市で防災研修会・セミナー

 大雨シーズンを迎え、日田市内で防災をテーマにした研修会などが開かれた。出席した地域住民や高齢者らは次の災害に備え、意識を高めた。

〇おおやま老松自治会
 大山町西大山のおおやま老松自治会(梶原敏明会長、100戸)は24日、地区のコミュニティーセンターでセミナーを開催。住民54人が参加した。
 市社会福祉協議会の安永智和さん(49)が市災害ボランティアセンターをテーマに講演した。福岡・大分豪雨での活動を説明。「災害に備え、地元のことは地元で考え、解決できる強固なネットワークの構築が不可欠」と訴えた。
 梶原自治会長(71)は「地域の防災力を高め、将来的には地域で防災を取りまとめる組織を立ち上げたい」と話した。

〇五和地区の住民ら
 石井町の五和公民館(山口準一郎館長)は26日、五和地区の60歳以上の住民を対象に研修会を開いた。
 29人が集まり、日本赤十字社県支部の飯室沙也花さん(25)が講演。
 飲料水などの備蓄や非常持ち出し袋を準備するよう呼び掛けた。布を使った簡易リュックサックの作り方も紹介。「日頃の備えで減災はできる。自分で考えて行動することが大事」と促した。
 日田市赤十字奉仕団の梶原償子委員長(81)ら4人は非常炊き出し用袋を使った米の調理法を説明した。
 石井町の無職、安心院肇さん(79)は「勉強になった。防災の大切さを再認識したい」と話した。
※この記事は、6月30日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る