大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

森下「やりたい投球できた」 全日本大学野球Vの明大主将

 第68回全日本大学野球選手権(明治神宮球場ほか・17日まで)で、明治大を38年ぶり6度目の優勝に導いた主将の森下暢仁(大分商高出身)が25日、帰省に合わせて大分合同新聞社を訪問し、同選手権の回想と、今後への思いを語った。
 森下は最速150キロ超の質の良い直球が魅力の右上手の本格派。今季は東京六大学春季リーグ制覇に貢献し、同選手権では2試合に登板。準々決勝で完封、決勝も1失点完投で大学日本一に輝き、最高殊勲選手賞も獲得した。
 エースとして、またチームの精神的支柱として背負うものも多い大会だったが、森下は「4年生を中心にチームがまとまっていたので自分のやりたい投球ができた」と周囲への感謝を強調した。
 今秋のプロ野球ドラフト会議では上位指名も予想される。高校時代に苦楽を共にし、現在はプロで勝負している川瀬晃(ソフトバンク)らと同世代。川瀬には「刺激を受けている」としながらも、「自分も大学で4年間やることをしっかりやってきた。遠回りしたとは思っていないし、力もついてきたと感じている」とプロ入りに向けた熱い思いも口にした。
 大学の侍ジャパンにも選出されており、直近の目標は「3回目の大学日本代表。目標はまだ勝っていないアメリカを倒すこと」。プロでも即戦力として期待される右腕の今後が注目される。
※この記事は、6月26日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る