大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

赤松が完全V 全日本重量挙げ

 重量挙げの全日本選手権第2日は25日、岩手県奥州市の江刺中央体育館であった。男子89キロ級で、県勢の赤松哲郎(釘宮整形外科リハビリクリニック)がスナッチ、ジャークでいずれも1位の初優勝を飾った。
 【男子】▽89キロ級 (1)赤松哲郎(釘宮整形外科リハビリクリニック)328キロ(スナッチ153キロ=1位、ジャーク175キロ=1位)

〇階級変更で89キロ級挑戦
 男子89キロ級で県勢の赤松哲郎(24)=釘宮整形外科リハビリクリニック=がスナッチ、ジャークともに1位の完全優勝で初の頂点に立った。
 階級変更で94キロ級がなくなったため、今回は89キロ級を選択した。得意のスナッチでは3回目で153キロを挙げてトップに立ち、「減量の影響があった中では上出来」と赤松。
 一方、ジャークは1回目で175キロをマークしたものの、183キロに挑んだ2、3回目は惜しくも挙げることができなかった。
 赤松は「優勝はうれしいが、記録と成功率はまだまだ」と反省しながら、「89キロ級と96キロ級のどちらが自分に合っているか、試合を重ねる中で考えていく。今秋の茨城国体に向けて記録を上げ、自信もつけていきたい」と意気込んだ。
※この記事は、5月26日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る