Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

介護殺人防ごう 認知症の人と家族の会支部が講演会

 「認知症の人と家族の会県支部」(中野洋子代表)は11日、介護殺人をテーマにした講演会を大分市内で開いた。昨年8月に同市内の60代の長男が認知症の母=当時(89)=を殺害した事件を受け、支援の在り方を考えようと企画。家族や福祉関係者ら約170人が出席した。
 困難な介護を乗り越えた女性2人が登壇。臼杵市港町東の後藤清美さん(48)は突然怒りだす義母(74)の介護経験を話し、次第に気持ちが追い込まれていったことを明かした。
 普段は優しい夫(47)が「死んでしまえ」と母に言い放つなど、「介護殺人は責任感の強い介護者が陥る悲劇」と強調。防ぐために▽介護情報にアンテナを張る▽一人で抱え込まない▽緊急対応してくれる病院を見つけておく―ことなどをアドバイスした。
 夫(84)の介護を16年続ける大分市椿が丘の長野八重子さん(82)は、近所の人たちの協力が心の支えになっていることを紹介。「いつか峠は越えられる。介護を苦にせず過ごそう」と呼び掛けた。
 中野代表(65)は「二度と同様の事件が起きないよう家族、支援者、行政が考えるきっかけになった」と話した。
※この記事は、5月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る