Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

華やか江戸絵巻 きつきお城まつり 

 ゴールデンウイーク恒例の「きつきお城まつり」が4日、杵築市の城下町一帯で始まった。5日まで。市がロケ地となった時代劇映画「居眠り磐音(いわね)」(17日公開)に出演している俳優の石丸謙二郎さん(大分市出身)も登場。県内外から多くの見物客が詰め掛け〝豊後路の小京都〟の風情を楽しんでいた。
 石丸さんは大殿に扮(ふん)して江戸行列に参加。一般公募で選ばれた殿様・姫役の浦(うら)直道さん(27)、めぐみさん(29)夫婦(福岡県久留米市)らと共に、武家屋敷の残る町並みを練り歩いた。
 行列終了後、永松悟市長を聞き役に「居眠り磐音」をテーマにしたトークショーがあった。松坂桃李(とおり)さん演じる主人公、坂崎磐音の父親役を務めた石丸さんは、幼稚園の頃、映画のロケ地となった市内の武家屋敷「大原邸」に住んでいたことや、永松市長と幼稚園の同級生だったことなどを紹介。「時代劇に出られるのも大原邸での生活のおかげかも」と話し、「映画は若者の葛藤や恋愛を描き、若い人も楽しめる素晴らしいものになっている」とPRした。
 トークショーを聞いた日出町豊岡の手嶋則弘さん(73)、明美さん(70)夫婦は「石丸さんは声がすてきで大殿様の姿は威厳がある。江戸時代に戻ったかのよう」と笑顔だった。
 5日は花魁(おいらん)道中や子ども武者行列などがある。
※この記事は、5月5日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る