Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

トリニータ白星するり サッカールヴァン杯

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第4節(24日・ユアテックスタジアム仙台ほか=8試合)B組の首位仙台は鳥栖と1―1で引き分けた。勝ち点10として同組2位以内を確保し、プレーオフ進出を一番乗りで決めた。FC東京は柏を下した。D組はG大阪が磐田に4―1で快勝して首位浮上。清水―松本は引き分けた。A組では札幌が長崎を6―3で下してトップ。横浜Mは湘南に勝った。C組のC大阪は神戸に1―0で競り勝ち、首位に立った。
 C組の大分は、大分市の昭和電工ドーム大分で名古屋と対戦し、2―2で引き分けた。通算成績は1勝1分け2敗で順位は同組4位のまま。
 大分の次の試合はリーグ第9節で、27日午後2時から、大阪市のヤンマースタジアム長居でC大阪と対戦する。

 【大分2―2名古屋評】大分は終盤に追い付かれて引き分けた。大分は前半終了間際にMF三平の得点で追い付き、後半3分、ゴール前でボールを受けたFW後藤が決めて勝ち越した。さらに相手選手の退場で数的優位に立ち、押し気味に試合を進めたが、同38分に失点。その後は得点を奪えなかった。

 ▽C組
(2)昭和電ド(分1分1敗) (観衆4,322人)
大分  1勝1分け2敗(4)
名古屋 1勝2分け1敗(5)
   
(2-2)

▽得点経過
前24分【名】金 井  
前45分【分】三 平  
後3分【分】後 藤 (2)
後38分【名】赤 崎  

▽交代
【分】後24分 小塚(ティテ)後24分 オナイ(三平)後38分 岩田(三竿)
【名】後9分 櫛引(杉森)後17分 秋山(榎本)後49分 大垣(伊藤)
▽警告【分】小塚【名】千葉2
▽退場【名】千葉

数的優位生かせず失点
 大分がつかみかけていた白星がするりと逃げた。相手に退場者が出て数的優位な展開となったが、終盤に追い付かれて勝ち点3を奪えなかった。片野坂知宏監督は「決定機も多かった。このような試合を勝ち切れるようにしなければ」と残念がった。
 前半、セットプレーから先制を許す苦しい展開となったが、同45分にMF三平和司の今季初ゴールで振り出しに戻した。さらに後半立ち上がりの3分、右サイドからMFティティパンがゴール前にクロスを入れると、フリーで受けたFW後藤優介が落ち着いてゴール右隅に流し込んで勝ち越した。
 直後にティティパンの突破を防いだ相手DFが2枚目の警告で退場。人数で上回る大分は小気味よくパスをつないで相手ゴールへ迫ったものの、最後の決め手を欠き、逆に一瞬の隙を突かれて失点した。最後まで押し込み続けたが勝ち越すことができなかった。
 ホームでの試合で、数的優位な状況だっただけに勝ちたかった一戦だった。3バックの中央に入ったDF庄司朋乃也は「(DFラインからの)つなぎは徐々によくなっているが、失点場面はボールを失って対応が遅れ、もったいなかった」とうつむいた。
 予選リーグは残り2試合。突破に向けて落とせない戦いとなる。後藤は「相手が退場になってからのボールの持ち方をもっと考えないといけなかった。チャレンジできたことは続けていき、よくなかったことを修正して臨みたい」と前を向いた。好調なリーグ戦と同じくカップ戦でも大分旋風を巻き起こすためにはもう負けられない。

突破へ頑張る
 大分トリニータ・片野坂知宏監督の話 サポーターに勝ち点3をプレゼントしたかったので残念。ただ、前回の名古屋との対戦より自分たちらしいサッカーができた。残りの2試合で予選を突破できるよう頑張りたい。
 MF三平和司の話 勝つことができなくて残念。(得点場面は)いいボールが来たので決めることができた。結果を残さないと試合に出られないので、次のC大阪戦でも頑張りたい。
※この記事は、4月25日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る