Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

10連休の下りピーク29日 29、1日は雨も?

 27日から始まる10連休で外出を予定している人も多いだろう。いつもより長い休みで気になるのは移動の混雑や天気。県内の交通機関は下りが29日ごろ、上りは5月3日ごろが特に混み合う見込み。1日までの天気は後半に雲が広がり雨が降りそうな日もある。 

 【渋滞予想】
 西日本高速道路や県警によると、高速道は東九州自動車道の上り線で2、4、5日のいずれも午後5時ごろ、大分宮河内インターチェンジ(IC)ー津久見IC間の臼杵トンネル付近を起点に最大5キロの渋滞が予想されている。トンネル手前で下り坂から上り坂になることで起きる速度低下が原因という。
 同自動車道の別府IC、大分自動車道の湯布院ICも混雑する見込み。一般道は商業、観光施設周辺が混み合うとみられる。県警は「10連休で混雑は例年以上になりそう」として、余裕を持った移動を呼び掛けている。

 【交通機関】
 ▽JR 日豊線の特急指定席の乗車率は下りが29日、上りが3日にピークとなりそう。期間中は計67本を増便して対応する。
 ▽高速バス 大分ー福岡間は下りが29日夕~夜、上りは28日午前、29日早朝~午前9時ごろに混み合い、満席の便もある。福岡県内でのコンサートと観光・帰省の動きが重なるためとみられる。県内と関西(兵庫、大阪、京都)を結ぶ夜行便は満席が目立つ。
 ▽フェリー 県内と関西をつなぐ「フェリーさんふらわあ」は下りが26~3日が満席状態。上りは29~5日が混み合っている。
 ▽飛行機 大分ー羽田間を運航する各社の便は下りが27~1日、上りが2日以降ほぼ満席の状態。大分ー伊丹間は下りが27~3日、上りは30日以降が特に混雑している。

 【天気】
大分地方気象台によると、28日までは晴れるが、低気圧や湿った空気の影響で29~1日は雲が広がりやすく、29日と1日は雨になる可能性がある。平成最後の日の入り、令和初の日の出を拝めるかは微妙。最高気温は平年並みか低め。最低気温は平年より高い日が多い見込みだ。
※この記事は、4月25日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る