Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ローマ法王招く手紙 国東市の熊毛小卒業生6人

 11月末に広島・長崎を訪問するローマ法王フランシスコを国東市に招待しようと、同市国見町の熊毛小学校6年生だった子どもたちが卒業前の3月、手紙をしたためた。同町は、戦国時代にキリスト教の司祭として活躍したペトロ・カスイ岐部の生誕地。25日、三河明史市長らが東京都千代田区の在日ローマ教皇庁大使館に手紙を届ける。
 手紙を送るのは2013年以来、2回目。前回は全校児童54人が新法王誕生を祝うメッセージと国見訪問を呼び掛けた。訪問は実現しなかったがローマ法王庁から児童の手紙に感謝する手紙が届いた。
 今回の手紙には、同町の紹介、岐部について学習した内容、再度訪問を呼び掛けるメッセージを書いた。昨年の国民文化祭で披露した市民劇団「ペトロ岐部物語」のDVD、三河市長の手紙を添えた。
 当時の6年生6人は4月から国見中学校に進学。代表して手紙を書いた古河亜美さん(12)は「みんなの思いが海を越えて伝わると思うとうれしい。ペトロ・カスイ岐部記念公園にある銅像を見てほしい」と話した。訪問が実現すれば町内を案内したいと考えている。
 法王はイタリアの首都ローマの中にあるバチカン市国に住む。訪日は1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりとなる。
※この記事は、4月25日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る