大分合同新聞納涼花火シリーズ2019

大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

空港道路やジャンクション開通 日出町、交通の要衝に【平成と大分】

 山海の豊かな自然に囲まれ、大分、別府両市や大分空港に近い地の利がある日出町。平成の時代は道路網の整備によって県内有数の交通の要衝に。合併を選ばなかった後のまちづくりでは中心部の開発で観光・商業振興に力を注いだ。一方、財政状況は厳しさを増しており、右肩上がりだった人口も近年、少子高齢化の影響で陰りが見える。

 平成中期までに町内を通る高速道路や自動車専用道路が次々と完成した。3年に大分空港道路、6年に同道路と大分自動車道をつなぐ日出ジャンクションが開通。14年には日出バイパスが全面開通し、利便性が向上した。
 歴史・文化、商業の拠点として19年度から日出城跡とJR暘谷駅の周辺部の整備が始まり、駅周辺では日出高校跡地(約2ヘクタール)を商業地域に指定。27年までに亀の井ホテル大分日出店、複合商業施設「BiVi(ビビ)日出」などがオープンし、店舗集積が進んだ。
 一方、中心部の開発や公共施設の更新のため地方債の残高は21年度からの10年間で約12億円増加。財政調整基金も2023年度には第1次行財政改革開始(16年)前の水準まで落ち込む見通しで、町は本年度から再び改革に着手し始めている。
 昭和後期から増え続けた人口は24年9月をピークに減少へ転じた。県平均と比べ子どもが多く、お年寄りは少ない町だが、7年に65歳以上の割合が14歳以下の割合を上回って以降、その差は拡大。対策が課題となっている。
※この記事は、4月22日大分合同新聞朝刊4ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る