大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

3期生29人、能力磨こう ジュニアアスリート発掘事業

 優れた身体能力を持つジュニア選手を見いだし、育成する「チーム大分ジュニアアスリート発掘事業」第3期生の開講式が14日、県庁であった。3回の選考会(昨年度開催)を突破した中学1年生29人が、大分から世界を目指す第一歩を踏み出した。
 県競技力向上対策本部が2015年度から続けている。第3期生から選考対象をこれまでの2学年(中学1年と小学6年)から小学6年に変更した。
 開講式は約90人が出席した。加藤寛章同本部事務局長(県教委体育保健課長)が一人一人に指定証を手渡し、「今年秋にラグビーワールドカップ、来年には東京五輪がある。県民のスポーツへの関心は高まっている。育成指定選手に選ばれたという自覚と『次のオリンピックは自分が出るんだ』という気概を持って、トップアスリートに必要な資質を磨いてほしい」とあいさつ。日本スポーツ振興センターハイパフォーマンス戦略部開発課の白井克佳課長、県スポーツトレーナーズ協議会の松元義人会長が激励した。
 受講生を代表して浜川綾子さん(豊府中1年)が「さまざまなプログラムを通じて、自分の中に眠っている未知なる能力を開拓できるよう、1年間頑張ります」と決意表明した。
 式典後、早速講義が始まり、白井課長、県スポーツトレーナーズ協議会の川野達哉さんが講義した。29人の3期生はこれから1年間、講義や競技体験など育成プログラムに取り組む。
※この記事は、4月15日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る