大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

荒城の「名月」 岡城跡、日本の百選登録

 竹田市ゆかりの音楽家滝廉太郎(1879~1903年)の代表曲「荒城の月」のモデルになったとされる岡城跡(国指定史跡)が日本百名月に登録された。県内初で、第4回全国名月サミット(3月15日・岐阜県)で決まった。

 日本百名月は全国の自治体や観光業者などでつくる夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都)の取り組み。各地の名月観賞地を観光資源にするのが目的だ。選出基準は▽名月を夜間も安全に楽しめる▽再開発で観賞地を失う恐れがない|など6項目。第4回サミットでは約100カ所の候補地から、岡城跡を含む10カ所が新たに認定登録され、累計36カ所になった。
 岡城では5代藩主中川久通(1663~1710年)が三日月岩を築き、月のない夜もうたげを楽しんだと伝えられている。現在は岡城歴史まちづくりの会(板井良助会長)が中秋の名月に合わせたお月見会(観月祭)を開いている。
 サミットに出席した市観光ツーリズム協会の井上隆会長は「岡城から眺める月の美しさにお墨付きをいただいた」と喜んだ。
 岡城跡は昨年、世界規模の旅行口コミサイトが発表した「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング2018」で城跡の最高位に輝いており、協会は今後、月の名所としてもPRを進める。

 <メモ>

 三日月岩は岡城二の丸月見櫓跡の北、稲葉川沿いの絶壁に彫られている。弦長約3・2メートル、最大幅45センチ。「元禄十五年八月彫之」の文字と、灯明台を置く四つの台が残っている。
※この記事は、4月11日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る