大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

中津に「秘密基地」登場 にぎわい創出の起爆剤に

 中津市の日ノ出町商店街に人が集う拠点施設「秘密基地中津」がオープンした。空き店舗を利用し、カフェやコワーキングスペース(共同の作業場所)を整備。起業する人を応援する人材育成セミナーも企画する。市街地のにぎわいを創出する起爆剤として期待を集めている。
 JR中津駅から徒歩3分の好立地。3階建てで各階約70平方メートル。1階のカフェスペースでおしゃべりを楽しんだり、2階のコワーキングスペースで仕事の作業やミーティングをするなどさまざまな活用が可能。プリンターやプロジェクター、Wi―Fi環境を整備し、貸し切りもできる。夜にはアルコールも提供する。3階では来年、シェアオフィス事業を開始予定。
 事業主体は、中津商工会議所青年部の22人が出資するクリエイティブベース中津(広畑賢一代表)。昨年30周年を迎えた同部の記念事業で構想を練り、北九州市の事例をモデルに県と市の補助金を活用した。総事業費は約600万円。
 11月のプレオープンイベントには関係者約50人が出席。人材育成セミナー「中津創生塾」の初回講座もあった。
 広畑代表(39)は「主婦から出張のビジネスマンまで気軽に利用してほしい。人が集まり交流する場を設け、その中から起業する人を育てたい。商店街のシャッターを全て開けることが最終目標」と話している。

<メモ> 営業時間は午前10時から午後10時まで。料金はカフェがフリードリンクで2時間500円から。コワーキングスペースが2時間500円から。貸し切りは1時間千円から。創生塾は、起業に役立つウェブマーケティングや問題解決テクニックなどをテーマに週2回程度開催。受講料は一般2500円。次回は「プロデュースマインド」をテーマに11日午後7時半から開く。問い合わせは秘密基地中津(TEL0979・22・1515)。
※この記事は、12月8日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る