大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「アクション展」障害者アート 広がる可能性

おおいた大茶会

 障害者の芸術活動に関わる人や団体を紹介し、活動に向けてのビジョン、課題を共有する「Action(アクション)!~1人ひとりのもつ可能性を活(い)かす仕組みを考えるアート展」が26日、大分市寿町の県立美術館で始まった。国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の分野別事業で11月4日まで。入場無料。
 2015年から毎年の4回目で、総集編。障害者の芸術活動で先進的な取り組みをしている平川病院(東京都)や知的障害者施設「しょうぶ学園」(鹿児島県)の利用者が制作した絵画作品などを展示している。
 ほかにも福祉施設「クリエイティブサポートレッツ」(静岡県)が運営する施設の一室を再現。クリエーターと企業や福祉施設をつなぎ、さまざまな人々の出会いと協働の機会を創出している「スローレーベル」(横浜市)の取り組みもパネルで紹介している。
 企画した別府プロジェクトの山出淳也代表は「障害者の作品がどのように生まれるのか。支える人の姿も知ることでよりよい社会の在り方を考えるきっかけにしてほしい」と話した。
※この記事は、10月26日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る