大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

宗麟像 原作を忠実に 文化びと往来 

おおいた大茶会

 県内各地を舞台に繰り広げられる国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭(11月25日まで)は国内最大の文化の祭典。注目のステージや展示をピックアップし、出演者や関係者の声を紹介する。コーナーの初回は7、8の両日、ステージ部門で先陣を切ったミュージカルの熱気を伝える。

洗礼受ける場面 自然と涙
「豊後FUNAIミュージカル宗麟の海」で大友宗麟を演じた観月ゆうじさん
  =東京都、俳優=
 大分市出身で劇団四季を経て現在はフリーで活躍。郷里の偉人を演じる大役に挑んだ。
 「子どもの頃からなじみのある大友宗麟を演じる今回のお話があり、チャンスと挑戦と思い、お引き受けした。若い頃から領主になり、ザビエルと出会ってキリシタンになるという三つの大きな変化をほとんど出ずっぱりで演じました」。
 今年になって稽古に入り、東京と大分を往復しながら役を作っていった。
 「演出の山田恵理香さんとは初めての舞台でしたが、原作の宗麟像をうまく導いていただいた。役の中でですが、洗礼を受ける場面では自然と涙が流れました」

子どもたちの成長に感動
 「豊後FUNAIミュージカル宗麟の海」の台本を書いた岩豪友樹子さん
  =大分市、劇作家=
 安部龍太郎さんの原作は大分合同新聞紙上で連載。
 今回のミュージカル化に当たり連載中に台本執筆の依頼があり、切り抜きを読んでは半ばノイローゼ状態になりながら想を練ったという。
 「原作をリスペクトし、忠実に描きました。大長編を2時間半に収めるのに苦労しましたが、演出の山田恵理香さんと話し合いながら膨らませる部分を足していきました。練習を重ねた出演者たちがどんどん上達していって、特に舞台経験のない子どもたちの成長した姿は客席で見ていて感動しました。山田さんの演出も細かいところに目が届いていてすごく良かった」
※この記事は、10月11日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る