エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

ほんこん、ブサイク扱いは「仕事」 アインシュタイン稲田も「むしろ言われていたい」

 お笑いタレント・ほんこん、お笑いコンビ・アインシュタインらが23日、都内で行われた『よしもと男前ブサイクランキング』の開催発表会見に出席。ブサイク部門の初代殿堂入りを果たしたほんこんは「ブサイク扱いはつらい?」との質問に「仕事やからね。何とも思ってない。日本って平和やな~」と、ひょうひょうと語っていた。

【動画】ほんこん、ブサイク扱いは「仕事」 アインシュタイン稲田も「むしろ言われていたい」

 4年ぶりに復活する同ランキングは、一般投票によって吉本芸人の“男前”と“ブサイク”の1位を決めるもの。月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもと』で2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されていた。今年は、吉本興業のスマホアプリ『ラフピー』から投票が可能となる。

 3年連続で1位にランクインすると殿堂入りとなり、2015年までの「男前ランキング」では、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡、ライセンス・藤原一裕、ピース・綾部祐二、「ブサイクランキング殿堂入り」では、130R・ほんこん、フットボールアワー・岩尾望、南海キャンディーズ・山里亮太、マンボウやしろ、NON STYLE・井上裕介らが殿堂入りを果たしている。

 今大会の“優勝候補”として名前が挙がったアインシュタイン・稲田直樹も「最近、麻痺してきたのか、『ブサイク』と呼ばれてむしろ言われていたいし、言われてなきゃいけない」と、早くも王者の風格をただよわせ、「街でもケラケラ笑われます。中学生が僕の顎を触って、折り返して地点みたいに帰っていく」と悲しいエピソードを明かした。

 一方でイケメン部門のランクインが期待されるEXIT・兼近大樹は「最近、めちゃくちゃモテる」と胸を張りながら「顔が売りじゃない。漫才だけを見てもらいたい」と笑い飛ばしていた。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る