スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

夏の甲子園、20日に準決勝

星稜、奥川は軽めの調整

 第101回全国高校野球選手権大会は休養日の19日、前日の準々決勝を勝ち上がった4校が兵庫県西宮市内などで練習した。20日は甲子園球場で履正社(大阪)―明石商(兵庫)、中京学院大中京(岐阜)―星稜(石川)の準決勝が行われる。

 星稜は準優勝した1995年以来2度目の決勝進出が懸かり、他の3校はいずれも勝てば初の決勝進出となる。

 星稜の注目右腕、奥川は投球練習は行わず、軽めのキャッチボールで調整。対する中京学院大中京は、宿舎近くの公園で軽く汗を流した。履正社は4番の井上らが打撃練習で体を動かし、明石商は打撃、守備、走塁とみっちりと練習した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る