スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

バド、タカマツは準決勝進出

世界ランク1位のナガマツ敗れる

 【ジャカルタ共同】バドミントンのインドネシア・オープンは19日、ジャカルタで各種目の準々決勝が行われ、女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は金昭映、孔熙容組(韓国)を2―0で下し、準決勝に進んだ。

 2連覇を目指す福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は米元小春、田中志穂組(北都銀行)に2―1で逆転勝ち。世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は李紹希、申昇チャン組(韓国)にストレート負けした。

 男子ダブルスで保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)はインドネシアのペアに勝ち4強入り。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る