スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

建物並ぶ選手村、7割完成

全容見えてきた五輪会場

 東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて臨海部で新設中の競技会場や選手村の建設状況を公開した。宿泊棟21棟を建設中の選手村(中央区)の進捗は7割ほど。仮設施設を含めた選手村全体は20年春ごろに出来上がる見通しで、会場の全容が見えてきた。

 都によると、選手村の21棟は14~18階建て。うち5棟は最上階まで作業が進んでおり、建物自体は12月に完成する予定だ。この日は足場に囲まれた宿泊棟の周囲で、クレーンによる資材運搬などの作業が行われた。

 五輪水泳センター(江東区)では、重さ約7千トンの屋根を建物の上層部分に引き上げる作業が既に終わった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る