国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

エボラ疑いの情報提供せず

WHOがタンザニア非難

 【キンシャサ共同】世界保健機関(WHO)は21日、アフリカ東部タンザニアでエボラ出血熱の感染が疑われる事例があったにもかかわらず、同国政府がWHOに情報を提供していないと非難する声明を発表した。タンザニア政府は、エボラ熱の感染者は出ていないと主張している。

 WHOによると、最大都市ダルエスサラームでエボラ熱の疑いにより患者が死亡したとの非公式の情報が10日にもたらされた。11日には、この患者から陽性反応が出たとの情報も入ったという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る