国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

台風15号被害、23日で2週間

生活再建、見通せぬまま

 台風15号による千葉県の被害は23日で発生から2週間。停電はピーク時の約64万戸から減少したものの、22日午後10時現在、なお約2300戸で続く。住宅被害は県が把握しただけでも1万戸を超え、さらに増える見込み。修理業者の手は足りず、住民は生活再建を見通せないまま、日本列島への接近が予想される台風17号への対応にも追われた。

 東京電力によると、千葉県内で停電が続くのは南房総市の約千戸や鋸南町の約500戸など。「100戸未満」となった君津市などでは、倒木が多い山間部の復旧作業が遅れている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る