国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

高温ガス炉の新燃料開発

取り出すエネルギー3倍に

 日本原子力研究開発機構は12日、次世代原子炉「高温ガス炉」の新燃料を開発したと富山市で開かれた日本原子力学会で発表した。従来の約3倍となる、1日にウラン1トン当たり1億キロワットのエネルギーを取り出すことが可能という。機構は「実用化に向けた鍵の技術が確立できた」としている。

 高温ガス炉は燃料の冷却に水ではなくヘリウムガスを使うのが特徴で、機構は東京電力福島第1原発事故で起きた炉心溶融や水素爆発が起きないとしている。大型化が難しいデメリットもあるが、ポーランドなどで導入に向けた動きがある。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る