国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

西・東日本、局地的に大雨の恐れ

気象庁、警戒呼び掛け

 西日本と東日本で23日にかけて大気の状態が安定せず、局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は22日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、朝鮮半島から西日本の日本海側を通り東日本に延びる前線に、暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、22日午前に石川県七尾市や新潟県糸魚川市で1時間の雨量が60ミリを超す大雨となった。前線は23日にかけて南下し、北陸を中心に広範囲で大気の状態が非常に不安定になる見通し。

 23日正午までの24時間予想雨量は多い地域で北陸150ミリ、近畿、中国100ミリ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る