国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

電気、ガス全社値下げ

10月、燃料費が下落

 大手電力の10月の家庭向け電気料金の見通しが19日、分かった。全10社が9月に比べ値下げとなる。火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)や石炭などの価格下落を反映する。LNGを原料とする大手都市ガス4社も値下げの見込みだ。

 消費税率は10月1日に10%に引き上げられる。ただ電気、ガスの使用期間に9月分が含まれている場合は税率を8%とする経過措置があるため、増税分は11月料金から本格的に転嫁される見通し。

 標準的な家庭の月額電気料金で下げ幅が最も大きいのは、沖縄電力の81円程度。中国電力58円、東北電力と四国電力44円、東京電力と中部電力42円が続いた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る