国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

日本の象牙、中国で押収増

「違法取引撲滅へ努力妨げる」

 【ジュネーブ共同】ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙が日本から違法に輸出され、中国で押収されたケースが今年1~6月に少なくとも23件あったことが米国の環境団体「環境調査エージェンシー(EIA)」のまとめで18日、分かった。昨年1年間の4件を上回ったとしている。

 EIAは、日本では象牙や加工品が大量に流通するが規制が弱く、国内象牙市場が閉鎖された中国で新たな供給源となっている可能性があると指摘。「違法取引を撲滅する国際的な努力を妨げている」と批判した。

 ジュネーブで開催中のワシントン条約締約国会議では、象牙市場閉鎖を求める決議案が出されている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る