大分合同新聞納涼花火シリーズ2019

大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

農水ファンド、累積赤字92億円

元役員の退職金先送り

 農林水産省が所管する官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」は26日、2018年度決算を発表し、純損失が過去最大の28億円になったと発表した。投資先の経営破綻などが響き、累積赤字は92億円に膨らんだ。この投資案件を担当し、25日付で退任した元役員に対する退職金の支払いを先送りしたことも明らかにした。

 光増安弘社長は26日に開いた株主総会後の記者会見で、投資案件で黒字を出すにはまだ時間がかかるとした上で「いかに損失を減らすかが課題だ」と述べた。

 18年度は出資先企業の経営破綻による損失を6億円計上するなどした。元役員がこの出資を担当していた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る