国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

納税者の不服審判、認容7・4%

国税庁まとめ、平成で最少

 納税者が課税処分を不服として国税不服審判所に審査を請求し、裁決で主張が一部でも認められた割合が、2018年度は7・4%(216件)と平成で最少だったことが20日、国税庁のまとめで分かった。

 税務訴訟でも国側の敗訴割合は3・4%(6件)と平成最少だった。

 税務署長の再調査では、納税者の主張が認められた割合は12・3%(264件)と前年度と同じだった。

 発生件数は審査請求が3104件(前年度比5・1%増)、税務訴訟が181件(同9・0%減)、再調査が2043件(同12・6%増)。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る