国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

F35Aの飛行再開容認、青森

三沢市長、防衛省に伝達

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故を受け、空自が飛行を中止している同型機について、三沢市の小檜山吉紀市長は20日、防衛省の森田治男審議官と市役所で会い、飛行再開を容認する考えを伝えた。これを受け、防衛省は近く飛行を再開する見通しだ。面会は冒頭を除き非公開で行われた。

 面会後、小檜山氏は「市議会などに反対意見がなく、総合的に判断した」と記者団に説明した。墜落事故が夜間に起きたことを踏まえ、再開後も当面、夜間の飛行は自粛するよう要望したことを明らかにした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る