国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

外国人技能実習生で虚偽申請疑い

監理団体役員ら書類送検、兵庫

 外国人技能実習生の受け入れ先を支援、監督する監理団体「国際バンク事業協同組合」(兵庫県姫路市)が、国に虚偽の許可申請書類を提出したとして、県警組織犯罪対策課は20日、技能実習適正化法違反の疑いで法人としての同組合と代表理事ら役員2人を書類送検した。県警によると、同法違反で警察が監理団体を摘発するのは全国初とみられる。

 送検容疑は2017年、同法施行に伴って国に監理団体の許可を申請した際、技能実習が適正に行われているかなどを確認する「監理責任者」として、勤務実態のない第三者の名前を記した書類を提出した疑い。

 県警によると、昨年末に情報提供があった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る