国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

日航、A350初号機の客室披露

9月登場の次世代主力機

 日航は20日、次世代の主力機として導入するエアバスA350の初号機の座席など客室を披露するセレモニーを羽田空港で開催した。初号機は14日にフランスから羽田に到着。9月1日の羽田―福岡線でのデビューに向け、準備作業中だ。

 日航はA350を2020年代半ばまでに31機導入し、国内、国際線ともに主力機とする方針。初号機は国内線向けの座席配置で、座席数は369。最上級のファーストクラスが12席、追加料金で足元が広くなるクラスJが94席、普通席が263席となっている。

 機内入り口には、大きく「鶴丸」のマークが描かれた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る