国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「クジャクの羽」で多彩な発色

京大開発、インキなし描画技術

 人工的にさまざまな発色をできるようにして、インキを使わずに高画質の絵柄などを描ける技術を開発したと、京都大物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)のチームが19日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 クジャクの羽や熱帯魚が光の反射で鮮やかな色彩を放つのと同じ仕組みを持つ技術で、インキを使用しないため環境に優しく、退色しないのが特長だ。

 チームは、小さな分子が多数結合してできているポリマーが、圧力を受けて構造が変化すると、特定の色を反射して発色することに注目。ポリマーに光を照射して人工的に構造を変化させた上で溶剤で固め、多彩な可視光を発色できるようにした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る