国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

ソフトバンクG4千億円申告漏れ

国税指摘、異例の高額

 ソフトバンクグループ(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2018年3月期に約4千億円の申告漏れを指摘されていたことが19日、同社や関係者への取材で分かった。数千億円規模の申告漏れが発覚するのは極めて異例だ。

 同社や関係者によると、16年に3兆3千億円で買収した英アーム・ホールディングスの株を傘下のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に出資する形で移した際、株式の価値を再評価し、取得額と時価評価額の差として多額の損失を計上した。

 18年3月期のソフトバンクグループ単体の税務申告は修正後も赤字で、過少申告加算税などの追徴は発生しないという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る