大分合同新聞納涼花火シリーズ2019

大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

長崎の被爆十字架、米から返還へ

8月、浦上天主堂に

 長崎原爆で倒壊した旧浦上天主堂のがれきから、終戦後に米兵が見つけたとされる木製の十字架が、所蔵先の米国の研究機関から長崎市の浦上教会(浦上天主堂)に8月上旬にも返還されることが17日、分かった。

 研究機関と浦上教会の橋渡し役を務める米ノースウエスタン大の宮崎広和教授(文化人類学)は「(節目となる来年8月の)原爆投下75年などを前に、長崎、米国にとって意味のあることだ」と強調した。

 宮崎教授などによると、十字架は高さ約1メートルで、米オハイオ州のウィルミントン大の平和資料センターが所蔵。

 浦上教会は「今後の保管や展示の方法を検討する」としている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る