国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

次世代新幹線へ試験走行、青森

札幌への延伸見据え

 JR東日本は19日未明、次世代新幹線開発に向けた新型試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」の試験走行を、新青森駅で報道陣に公開した。次世代新幹線は北海道新幹線が札幌まで延伸する予定の2031年春までに導入される見通しで、最高時速360キロでの営業運転を目指す。

 午前1時50分ごろ、盛岡方面から入線。今回は、これまでのアルファエックスの試験走行で最速となる330キロを出したという。10両編成で、最大の特徴となる両端の「鼻」は、1号車が約16メートル、10号車が約22メートルと異なっている。形状や長さを変えることで、騒音や空気抵抗への影響が比較できる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る