Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

AIで列車などの突風被害防げ

気象研、4年後実用へ

 列車や飛行機に突風が直撃して起きる重大事故を防ごうと、気象庁気象研究所が人工知能(AI)を使った予測システムの開発を16日までに始めた。気象レーダーによるリアルタイムの観測データから突風の「種」を発見、危険が及ぶ範囲と時刻を推定し警報を出す。4年後の実用化を目指す。

 開発チームの楠研一・気象研室長は「将来は危険を回避する運転者がいない自動運転でも活用したい」と話している。

 突風を巡っては、06年に宮崎県延岡市のJR日豊線で特急列車が脱線して7人がけがをした事故や12年5月には茨城県で竜巻で中学生1人が死亡する事例があり、対策強化を求める声が高まっている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る