国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

比の中間選挙スタート

政権の強権体制強化も

 【マニラ共同】フィリピンで国と地方の議員らを選ぶ5月13日の中間選挙のうち、上院と下院の比例代表の選挙運動期間が12日始まった。ドゥテルテ大統領を支えた側近の立候補が目立ち、選挙結果次第では強権体制が維持されそうな構図だ。

 中間選挙は大統領任期(1期6年)の折り返しの年に実施されるため、前半3年間の政権運営への評価が反映される。権限が強い上院(全国区、任期6年)は定数24の半数が改選され、62人の候補者が12議席を争う。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る