国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

五輪に合わせ原爆展共催へ

広島・長崎、20年の東京で

 広島、長崎両市は2020年の東京五輪・パラリンピック開催時期に、東京都内で原爆展を共催する方向で検討を進めていると明らかにした。国内外から集まる観客らに、核兵器が招く惨状を伝える狙い。

 長崎市によると、これまで広島市と共に実施した原爆展と同様、被爆にまつわる資料や写真パネルを紹介するほか、被爆者の講話なども検討しているという。会場や詳しい日程は今後調整する。

 20年は、両市に原爆が落とされた日に当たる8月6日と同9日が、東京五輪の開催期間と重なる。広島市は「被爆の実相に触れてほしい」。長崎市は「核廃絶への思いを深めてもらうため」としている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る